コミック「四月は君の嘘」第42話「アゲイン」感想

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

第42話「アゲイン」~これで弾けちゃうのが凄い

もう具合悪くなってる

コンクールが始まりました。
宮園かをりの手術も始まっています。

相座武士井川絵見もキッチリ仕上げてきて
素晴らしい演奏を見せました。
甲乙つけ難い最高の演奏でした。

どちらかが優勝間違いなし、
と思われる中、
有馬公生は舞台裏で最悪の状態でした。

なんとか会場に連れてきた、
という瀬戸紘子もまいっています。
このままでは、コンクールだけでなく
公生のピアニストとしての命も危うい状態だそうです。

舞台裏の廊下で膝を抱える公生。
演奏を終えた武士や絵見も心配しています。

公生の頭の中は、
これまでのかをりとの会話が思い出されていますが、
ネガティブな病気の悪いイメージで埋め尽くされています。

それでも、自分の番になり
舞台に向かう公生。
顔色も悪く、フラフラです。
絵見が演奏中止を勧めるほどでした。
公生は、かをりとの約束を胸に舞台に立ちます。


椿の天然ナイスプレイ

ピアノの前に座るものの、
演奏が始められない公生。

車に轢かれた猫を抱えた後の
血だらけの自分の手が見えてしまいます。

ああ

舞台上で顔を覆ってしまう公生。

もう駄目かと思われたとき、

「また下ばかり向いてる」

かをりの声がフラッシュバックします。

そのとき、シーンと静まりかえった会場に

「ひっちょ」

独特の澤部椿のくしゃみが響き渡りました。

これで、公生は我に返ります。
会場に椿が来ていることに気が付いたのです。
自分に期待してくれているみんなが
見ていてくれていることに気が付きます。

公生は演奏を始めました。

この椿のくしゃみは
本当にナイスプレイですね。
まさか、こんなことで公生が立ち直るとは
意外な展開でした。
でも、
常に側にいてお互いを支えていた二人
ならではのお話で、
凄く良かったと思います。


それでもちゃんと弾けるんだね

公生のピアノは
深くゆったりとした音色を奏で、
観客を引き込んでいきます。

公生は、これまで出会って
彼の人生を豊かにしてくれた人達を
想いながら演奏しています。

みんながいたから
「みんながいたから」

公生は、みんなに対する感謝の想いを
ピアノで応えようとしています。

その音色は聴く者を魅了し
観客を否応なく引き込んでいきます。


ギリギリまで、
こんなに酷い状態でも、
公生はちゃんと演奏できるんですね。
やっぱり天才なんでしょうね。

コンクールのプレッシャーとか、
演奏する緊張感との戦いとか、
そういう普通のレベルではないんでしょうね。
他の演奏者とは、全く別次元ですね。

さて、演奏の最中で
今回のお話は終わりです。


<PR>

コミック

アニメ

実写映画