コミック「四月は君の嘘」第34話「深淵をのぞく者」感想・あらすじ

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

第34話「深淵をのぞく者」~ピアニストは音で殴る

くる学祭って本当にありそう

相座凪は、音楽科の名門の中高一貫校、胡桃ヶ丘中学校の生徒です。
そこの文化祭は、くる学祭と言われ、音楽関係者注目のイベントです。

そのくる学祭に、有馬公生が出演したいと申し出ました。
この学祭は、外部からのゲストOKなんですね。

凪は了承しますが、そこからが大変です。
時間のない中、公生と一緒に必死に練習する凪。

凪は学校の優秀者なので注目度が高く、期待と妬み、応援と陰口に耐えながら頑張っています。


中学一年生にはキツイよね

もともとピアノのレベルは高い凪ですが、公生の次元にはとても追いつきません。

ごめんなさい
プレッシャーが...

徐々にプレッシャーに蝕まれ、
後4日というところで耐えられなくなり、トイレに閉じこもって泣いてしまいました。

瀬戸紘子は、そんな凪を諭します。
舞台に立つのは誰でも怖いこと、
怖いのは一生懸命やった証だということ。

そして、苦しんだ先に

チャラになる
「チャラになる瞬間がある」

と。

これは、公生の言っていた
音楽が言葉を超える
と同じ事を言っていますね。

舞台から見た
忘れられない風景
とも同じです。

さて、くる学祭当日、凪はその風景を見られるのでしょうか。


公生が頼もしく見えるよ

いよいよその日がやって来ました。
くる学祭独特の雰囲気に、公生は圧倒されています。
凪はバックヤードでガチガチになっています。

公生は、緊張で震える凪の手をとって

手がコチコチ
「手を広げて、力を抜いて」

その時、凪は公生の手も震えている事に気付きます。
公生も舞台に立つのは怖いのです。

「信じよう、音楽に傾けた時間を」

さあ、出番です。

舞台に登場した公生に会場は驚きます。
客席で見ていた相座武士もビックリしています。
凪は何も教えていなかったのですね。

演奏が始まりました。
凪を知る生徒が驚くほど、凪は上手くなっています。

最高の入りに喜ぶ凪ですが、
公生は、まだ聴こえているピアノの音が邪魔だと思っています。

「邪魔だから、消えろ」

その瞬間、公生のピアノの音が変わりました。
公生の顔つきも変わっています。

消えろ
音が変わった

驚く観客、焦る凪。


病室にいるかをりは、この演奏を携帯電話で聴いていました。
客席の渡に頼んで、携帯で中継してもらっているんですね。

「いじけたそのひとを一発ぶん殴ってやりたいんだ」

公生の目的は、投げやりになっているかをりを演奏で元気付けることだったのです。

今回はここまでです。
ちょっとあらすじが長くなってしまいました。
実は、管理人はこの回のお話が好きなんです。
結構盛り沢山のエピソードですよね。

凪の登場の時は、ちょっと蛇足なキャラなような気がしてましたが、公生のピアノの凄さを引き立てる役にもなってますし、頑張る姿がいいですね。

作者の新川直司さんも、インタビューで、動かしやすいキャラだって言ってました。

ところで音楽バカの公生は、人を殴るのにもピアノを使うんですね。
あ、比喩だってわかってますよ(汗)


<PR>

コミック

アニメ

実写映画