コミック「四月は君の嘘」第25話「つながる」感想・あらすじ

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

第25話「つながる」~音楽の力を信じたくなるね

有馬公生の演奏を聴いていた三池俊也は、
公生の演奏に心を動かされ、戸惑いを隠し切れません。

有馬早希の真実

一方、控え室の瀬戸紘子は、亡くなった公生の母親の有馬早希のことに思いを馳せていました。

公生が
「お前なんか死んじゃえばいいんだ」
と楽譜を早希に投げつけたあの直後のことです。

早希の公生に対する暴力に対して、車椅子を押していた紘子は早希を厳しく批難しました。

その時早希は

「私には時間がないの」

車椅子から落ちてしまい、床に倒れたままで早希は吐露します。
早希は、病気で先が長くありません。
自分がいなくなった後の公生が心配で仕方なかったのです。

公生に厳しくピアノの技術を教え込んだのは、公生に音楽で食べていける技術を身に付けさせるためでした。

子供を残していくことの不安、無念が公生に辛く厳しくあたらせていたのです。

「私の宝物は幸せになれるかしら」

病床の身の早希は、自分がどう思われるかという事よりも、公生の将来の事を考えていました。
公生は愛されていました。


さよなら

公生の演奏は続いています。
彼の全部が音になって回遊しています。

でも、やはりこの曲は公生に母親を思い出させます。

届くといいな
「届くかな、届くといいな」

公生の演奏は母親に向けられたものになっています。
でも、聴いている人には郷愁と寂しさ、大切な誰かを思い出させます。

ピアノは抱きしめるように
「ピアノは抱きしめるように弾くんだよね」

幼なじみの澤部椿渡亮太は、公生そのものを感じ取っています。

母さん思いの公生
「母さん思いの公生がいる」

母親の亡霊は、公生自身が作り出した言い訳だったことを、公生はわかっていました。

「もう母さんの影は見ない」

公生は、音楽を通じて人と繋がっていることを感じています。
もちろん母親とも繋がっていることを信じて前に進むことを決意します。

だから、だから

「さよなら」

演奏が終わりました。

公生の演奏に呑み込まれて、観客はまだ余韻の中にいます。
まばらな拍手の中、舞台から立ち去る公生。
もう母親の亡霊はそこにはいませんでした。


圧巻の演奏シーン

管理人は、公生のこの演奏が一番好きです。
苦しんでいた母親とのトラウマを乗り越えて、見事な演奏をした公生が素晴らしいです。
公生の母親の本当の気持ちが明かされたのも感動的でした。

それに、公生の優しい愛情が曲に乗って、聴く人の気持ちに染みているのがよく分かります。
本当に良いシーンだと思います。

でも、この母親の真意については、
もっと早く公生に教えてあげれば、
彼もあんなに苦しまなくて済んだんじゃないかと思いますけどね。


<PR>

コミック

アニメ

実写映画