コミック「四月は君の嘘」第23話「つき動かす」感想・あらすじ

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

第23話「つき動かす」~ ドタキャンか…

三池って中一だって

何とか準備を整えたガラコンサート当日、宮園かをりが来ません。
連絡もつきません。

有馬公生瀬戸紘子も大慌てです。
何とか順番を後回しにしてもらって、かをりの到着を待ちたかったのですが、それも断られました。

コンクール優勝者の三池俊也がトリを譲らなかったからです。
三池はかをりの自由な演奏を良く思っておらず、かをりの人気への嫉妬もあって、公生達にかをりへの強烈な批判をしました。

あんなの音楽でもなんでもない
「あんなの音楽でもなんでもない」

静かに怒る公生。

公生は、伴奏者なのにピアノの独演をすることにします。
三池の演奏の前に、ピアノで主役の座をぶん取る算段です。

主役の座は僕等がもらいます
「主役の座は僕等がもらいます」


公生には似合わないよね

公生の演奏の順番が来ました。
いつになく気合いが入っています。

かをりを馬鹿にされたからです。

伴奏者が1人で
「伴奏者が1人で...」

公生は、自分が凄い演奏をすることで、その凄い伴奏者を従えているかをりの凄さを証明しようとしています。

「僕を見ろ」
「僕は凄い」

公生の演奏が始まりました。

と、ここで今回はおしまいです。

なんか公生のキャラに似合わないですよね。
他の演奏家キャラ達と同じテイストで勝負してどうなるんでしょうか。

公生の新しい実力が開花するのか、ダメで酷い目に遭うのか。
乞うご期待ですね。


<PR>

コミック

アニメ

実写映画