コミック「四月は君の嘘」第16話「ねえ、ママきいてよ」感想

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

第16話「ねえ、ママきいてよ」~ステンレスって安っぽい感じがする

今回、有馬公生のトラウマの正体が明らかになります。

亡霊がいたら怖いよね

いよいよ公生の演奏です。
しかし、ピアノの横には車椅子の母親の亡霊が。
公生が小学校時代にコンクールで優勝し続けていたのは、自分が一位を取る事で入院中の母親が元気になると信じていたからでした。

公生は萎縮して、演奏の椅子に座ることすら出来ません。

それでも、勇気を奮ってピアノの前に座ります。
でも今度は鍵盤が威圧してきます。

なかなか演奏が始められません。

「みんな怖いよ」

宮園かをり相座武士井川絵見、公生の中の演奏家達のイメージが公生を後押しします。

「進め、進め」

公生はピアノを奏で始めます。

公生の演奏

公生は、一音も漏らさない、極めて精度の高い演奏を始めます。
コンクールでは評価の高い演奏です。

武士は喜んでいます。
無敵の存在、有馬公生が帰って来たと。

でも、絵見は複雑な表情です。
戻って来たのは、二年前の公生。
正確無比、顔の見えないステンレスの様なピアノだと。

演奏中の公生は、譜面通りに弾けてはいるけど

「これでは今までと同じだ」

と考えました。

「本当の君はどう弾きたい?」

という、かをりの問いかけの答えが出ていません。

すると、

「いいのよ、それで」

いいのよそれで
「1位をとってくれるんでしょ」

母親の亡霊が話しかけてきました。


子供には辛すぎる

公生が小学校の時のあるコンクールで、入院中の母親が公生の演奏を見に来ることがありました。
公生は大喜びではりきっています。

「今日はお母さんが来てる」
「最高の演奏をプレゼントするんだ」

公生のピアノは嬉しさで音がはずんでいました。

ところが演奏後、母親は公生を叩いたのです。
罵声を浴びせながら、平手打ちだけでなく杖で何度も。
メガネが飛んで、頭から流血するほどでした。

母親は感情に溺れてミスタッチした公生の演奏を許さなかったのです。

公生はショックを受けます。
遊びたいのも我慢して厳しいレッスンに耐えたのも、コンクールで勝ち続けたのも全て母親の為でした。

公生は楽譜を母親に投げつけて

死んじゃえばいいんだ
「お前なんか死んじゃえばいいんだ」

と言い放ちます。

これが、公生の母親との最後の会話になりました。
母親はその後すぐに息を引き取ったのです。

その後も、感情を無くしたようにピアノの練習をする公生。

「だって僕はそう作られたんだもん」

そしてコンクール本選の演奏中、母親の亡霊が現れます。

「これは罰なのよ」

そして公生は自分のピアノの音が聞こえなくなったのでした。


この母親との記憶が蘇るのとシンクロして、今演奏中の公生の耳もピアノの音が聞こえなくなりました。

ズレていく公生の演奏。
観客も気が付いています。

公生はまた、暗い海の底に沈んでいきます。


酷いトラウマだよね

いくら厳しくて酷くても、公生にとっては母親です。
怖くても愛しい、子供心にも複雑だったと思います。

公生は母親のために、母親の言う通りにしてきました。
そして、初めて激しく逆らって酷い言葉をぶつけたまま死なれてしまった。

これが少しでも言い返されたり、叱られたりしていれば、こんなトラウマにはならなかったでしょう。

自分が発した酷い言葉の決着がつけられなかったので、無意識に自分で罰を与えてしまった。
それが、ピアノの音が聴こえない、という症状になって現れているのだと思います。


以下ネタバレ注意
ここまでのお話だと、本当に酷い母親のように描かれています。
でも後のお話で、この母親の本当の真意が明かされます。

管理人は涙無くしては読めませんでした。

これについては、ここで書くのはやめておきます。
本当に切ないお話です。


<PR>

コミック

アニメ

実写映画