四月は君の嘘のコミックを読んだ感想です

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

絵は好みじゃないけど素晴らしい漫画

管理人は、コミックを最後まで読んで大泣きしてから、このサイトを立ち上げています。

ですから、お話を最後まで読んでない方にはネタバレが酷くなってしまうかもしれません。

そこで、こんなマークをつけました。
以下ネタバレ注意
              

このマークの下の囲みの中は、最後までお話が分かっている人だけお読みください。

コミック

コミック「四月は君の嘘」第1話「モノトーン」

まるで小説のよう物語の冒頭で主人公の有馬公生が舞台の上でピアノが弾けなくなって苦しんでいる姿が描かれます。これは、小学生の時に初めて公生がピアノを弾けなくなったシーンです。このピアノが弾けないトラウマを公生がどうやって乗り越えていくのか、という事...

コミック「四月は君の嘘」第2話「ヴァイオリニストの恋」

公生を気づかう椿の優しさ音楽ホールではヴァイオリンのコンクールが始まるところ。演奏の準備に向かう宮園かをり。有馬公生、澤部椿、渡亮太は観客席へ。公生は音楽ホールの雰囲気に複雑な表情。それを見守る椿。椿は、かをりの演奏があることを知っていて、わざと...

コミック「四月は君の嘘」第3話「黒猫」

渡の名言が染みますね宮園かをりの演奏の残像が頭から離れない有馬公生君。そこに渡亮太がやって来て渡なりの恋愛観を語ります。「だから人は理不尽に恋に落ちるんだ」「無理かどうかは女の子が教えてくれるさ」もう、イイこと言い過ぎです。中学生の言葉じゃないで...

コミック「四月は君の嘘」第4話「カラフル」

公生は伴奏をやりたくないけど宮園かをりに無理矢理伴奏者に任命された有馬公生は、断り続けて逃げ続けます。かをりは、やはり公生にピアノを弾かせたい澤部椿と協力して、公生の行くところ全てに課題曲の楽譜を貼り付けます。学校の校内放送でも繰り返し課題曲が流...

コミック「四月は君の嘘」第5話「暗い海」

コンクールは間に合った⁉︎澤部椿と渡亮太の頑張りで、何とかコンクールに間に合った有馬公生と宮園かをり。楽譜を見ながらフラフラの公生は、かをりに引きずられて音楽ホールに入って行きます。それを見送る椿と渡。椿は公生がピアノを弾く事で、明るい未来が来るこ...

コミック「四月は君の嘘」第6話「後ろ姿」

宮園かをりのヴァイオリンのコンクールのピアノ伴奏をする有馬公生ですが、演奏中にピアノの音が聴こえなくなり、楽譜も消えてしまいました。諦めちゃダメだよ公生のトラウマは相当に根深いものなんですね。「暗い海の底にいるように何も聴こえない、誰もいない」「...

コミック「四月は君の嘘」第7話「曇天模様」

今回のお話は病院のお見舞いのシーンからスタートです。君は忘れられるの宮園かをりは、有馬公生とのコンクールの舞台のすぐ後に倒れて入院しています。かをりは、予選落ちしてしまいました。前代未聞、ハプニング満載、演奏中断、審査対象外でした。公生は自分のせ...

コミック「四月は君の嘘」第8話「水面」

今回の主役は「土稜橋」かもしれません。ドキョウ(度胸)橋って呼ばれてるんですね。有馬公生や澤部椿、渡亮太が小さい頃に川に飛び込んで遊んだ橋です。煮え切らない公生公生は、宮園かをりに言われた「君は忘れられるの?」の問いかけに答えが出せずにいます。か...

コミック「四月は君の嘘」第9話「ラジカセと月」

ピアノは管理が大変って聞くけどね川に飛び込んだ宮園かをりと有馬公生は、公生の家で着替えて、服を乾かします。あたふたとかをりの世話を焼く公生ですが、マイペースなかをりは、公生のピアノを見つけます。上に下に雑然と荷物が置かれ、埃の積もったピアノ。でも...

コミック「四月は君の嘘」第10話「帰り道」

今回の主役は澤部椿ちゃんです。椿の有馬公生に対する想いが、ハッキリと描かれています。公生のピアノは間に合うの?公生は、まだ苦しんでいます。宮園かをりにも、結構厳しく言われていますね。「ださ、面白くない、普通」公生は、完璧に譜面を弾けてもダメだと考...

コミック「四月は君の嘘」第11話「カゲささやく」

今回のお話には全開で黒猫が出てきます。黒猫が有馬公生のトラウマになっている理由も明かされます。渡は負けてもカッコいい運動部の大会では、サッカー部の渡亮太も負けてしまいました。でも、渡は澤部椿のように複雑にグズグズしてません。少年らしい体育会系の男...

コミック「四月は君の嘘」第12話「蜃気楼」

知らないって酷すぎるよね小学校時代のコンクールで常に上位に入賞するものの、有馬公生に一度も勝てなかった相座武士と井川絵見。この二人は、公生がピアノを弾かなくなった2年間、ずっと公生を目標にコンクールを続けていました。そして、武士は去年の優勝者です。...

コミック「四月は君の嘘」第13話「うねる」

公生の存在って凄かったんだね相座武士をここまで凄いピアニストにしたのは有馬公生の存在でした。そう語る井川絵見に「君もそうなの?」と尋ねる公生。絵見は、「笑わせないで」と答えます。戻って来た武士演奏直後、武士は公生に突っかかりますが、あっさり褒めら...

コミック「四月は君の嘘」第14話「赤と黄色」

井川絵見の演奏は続きます。圧巻の演奏です。これまでの彼女の演奏は何だったんだ、と思わせるほどの音色です。絵見はピアニストになる!!絵見がピアニストになったのは、有馬公生の初めての演奏を見たからです。この時の公生のピアノにただただ感動して、大泣きし...

コミック「四月は君の嘘」第15話「共鳴」

公生はヨロヨロなのにね井川絵見は、大喝采の演奏を終えて興奮したまま舞台裏に戻って来ました。早速、有馬公生につっかかります。「告白?」まったく相座武士といい、絵見といい、公生に思い入れが激しいですね。まあ、絵見の過去が明らかになったので、納得できる...

コミック「四月は君の嘘」第16話「ねえ、ママきいてよ」

今回、有馬公生のトラウマの正体が明らかになります。亡霊がいたら怖いよねいよいよ公生の演奏です。しかし、ピアノの横には車椅子の母親の亡霊が。公生が小学校時代にコンクールで優勝し続けていたのは、自分が一位を取る事で入院中の母親が元気になると信じていた...

コミック「四月は君の嘘」第17話「墜ちる」

渡はいいことをいう渡亮太と有馬公生が2人で下校中、公生は演奏中にピアノの音が聴こえなくなる悩みを話します。渡は、スーパースターに挫折はつきもの、逆境でこそ真価が問われる、と公生を元気付けます。「だって星は夜輝くんだぜ」渡は本当に良いことをいいますね...

コミック「四月は君の嘘」第18話「君といた景色」

そんなに違うのか…「君のために弾こう」有馬公生がそう決めて弾き始めると演奏が変化します。ピアノの音が変わります。まるで演奏者が変わったかのような変化です。公生のピアノの音は色付きはじめ、観客は公生の世界に取り込まれていきます。公生は、宮園かをりへの...

コミック「四月は君の嘘」第19話「線路沿いの道」

自分探しだってさコンクールが終了しました。「後悔なんて微塵もない顔だ」ホールは有馬公生の演奏の話で持ちきりです。でも、権威主義の審査委員長は怒っています。コンクールは「決して自分探しをする場所ではない」すれ違う公生に言い放ちます。心無いおっさんだ...

コミック「四月は君の嘘」第20話「橋の下」

コンクールに落選した有馬公生は、家に戻るとそのまま夜通しでピアノを弾いていたようです。やっぱり悔しかったんですね。戦士に休息は無いのださて、もうすぐ夏休み。ボーっとしていた公生ですが、宮園かをりがガラコンサート出場の話を持って来ます。ガラコンサー...

コミック「四月は君の嘘」第21話「りんご飴」

楽譜を読むってそういうこと?ガラコンサートに向けた有馬公生と宮園かをりの練習が始まっています。曲は「愛の悲しみ」です。公生はこの曲は嫌なようです。どうも集中力に欠けています。「集中力散漫!!」亡くなった母親の有馬早希がよく弾いていた曲で、公生は母...

コミック「四月は君の嘘」第22話「トゥインクル リトルスター」

聴こえないのに頑張ってるよね有馬公生と宮園かをりのガラコンサートに向けた練習はヒートアップしています。毎日、喧嘩三昧で進んでいます。でも、やはり公生の耳はピアノの音が聴こえません。師匠の瀬戸紘子には、「音が聴こえなくなるのはおくりものだよ」聴こえ...

コミック「四月は君の嘘」第23話「つき動かす」

三池って中一だって何とか準備を整えたガラコンサート当日、宮園かをりが来ません。連絡もつきません。有馬公生も瀬戸紘子も大慌てです。何とか順番を後回しにしてもらって、かをりの到着を待ちたかったのですが、それも断られました。コンクール優勝者の三池俊也が...

コミック「四月は君の嘘」第24話「射す光」

超絶テクだけじゃダメなんだな怒りに身を任せてピアノを弾く有馬公生。凄いテクニックの早弾きで迫力があります。これを良いと思う観客もいますが、大久保は「がっかりね、耳障りだわ」と痛烈に批判。三池俊也は「こんなのパフォーマンスじゃないか」このままでは公...

コミック「四月は君の嘘」第25話「つながる」

有馬公生の演奏を聴いていた三池俊也は、公生の演奏に心を動かされ、戸惑いを隠し切れません。有馬早希の真実一方、控え室の瀬戸紘子は、亡くなった公生の母親の有馬早希のことに思いを馳せていました。公生が「お前なんか死んじゃえばいいんだ」と楽譜を早希に投げ...

コミック「四月は君の嘘」第26話「連鎖」

演奏家がカッコよく見えるよ母親との別離の演奏を終えた有馬公生は、バックヤードの廊下で倒れ込むほどに消耗していました。瀬戸紘子と小春に迎えられ、「早希には会えた?」公生は、「僕と母さんはつながっている」と、演奏中に感じた想いを告げます。「僕の精一杯...

コミック「四月は君の嘘」第27話「重なる輪郭」

宮園かをりがガラコンサートをドタキャンしたのは、ふらついて頭をぶつけて入院していた為でした。お見舞いに駆けつけた有馬公生、澤部椿、渡亮太ですが、かをりは案外元気そうです。でも、公生はかをりの態度に違和感を感じているようです。実際にかをりは、本人の...

コミック「四月は君の嘘」第28話「足跡」

それにしても鈍感すぎる澤部椿は、幼少の時から有馬公生のことを気にしながら成長していったのですね。子供の時の行動はストレートなので、お互いの愛を感じますね。でも、それが恋愛感情にはならなくて、家族愛や兄弟愛のような感情に育ってしまったのですね。分か...

コミック「四月は君の嘘」第29話「うそつき」

斉藤君はかわいそう有馬公生のことで澤部椿の頭の中はグチャグチャです。そんな中、斉藤先輩は椿に別れ話を切り出します。斉藤先輩は椿が好きなのは自分ではないことを分かっていたのですね。それでも、椿のことが好きだったのでしょう。自分と一緒にいても笑顔がぎ...

コミック「四月は君の嘘」第30話「闖入者」

澤部椿は、有馬公生への恋心を意識したせいで、宮園かをりに嫉妬したり、格好をつけてみたり、いろいろ悩んでいるようです。公生はグズグズし過ぎでしょ一方、公生はかをりのお見舞いに行きたかったり、行きたくなかったり、グズグズしてますね。中学3年生ですから...

コミック「四月は君の嘘」第31話「君でいいや」

ピアノに関しては意外とS藍里凪に対する有馬公生のレッスンが始まりました。公生は、普段のおっとりキャラとはうって変わって、厳しい先生振りを発揮します。それは、瀬戸紘子も辟易するほど細かくてうるさいものでした。そして、譜面は完璧なものではない、とする公...

コミック「四月は君の嘘」第32話「似た者同士」

やっぱり女子は芋が好き有馬公正による藍里凪への厳しいレッスンは続いています。公生との技術の差を見せつけられ、プライドの高い凪は自分の能力の足りなさが許せずに、レッスン中に瀬戸紘子の家を飛び出して逃げ出します。追いかける公生。神社の階段で二人は、初...

コミック「四月は君の嘘」第33話「トワイライト」

励ましてるようには見えないけど相座凪が有馬公生に敵意を持っていたのは、公生の演奏が変わった事で、大好きな兄の相座武士が目標を失って落ち込んでしまっていたからです。その兄に何もしてあげられない苛立ちが、公生に対する敵意になっていたんですね。でも、そ...

コミック「四月は君の嘘」第34話「深淵をのぞく者」

くる学祭って本当にありそう相座凪は、音楽科の名門の中高一貫校、胡桃ヶ丘中学校の生徒です。そこの文化祭は、くる学祭と言われ、音楽関係者注目のイベントです。そのくる学祭に、有馬公生が出演したいと申し出ました。この学祭は、外部からのゲストOKなんですね。...

コミック「四月は君の嘘」第35話「心重ねる」

有馬公生と相座凪の演奏は続きます。観客がゾクゾクしてる音が聴こえないモードに入った公生の演奏は、テンポが上がり、主旋律を弾く凪にプレッシャーをかけていきます。練習と全く違う、ピアニストとしての有馬公生の演奏に驚き、戸惑う凪。下のパートを弾く公生の...

コミック「四月は君の嘘」第36話「パンチ」

演奏を終えて、大喝采の観客を前にした風景に、相座凪は感激しています。「こんな風景があるなんて」凪の想いは相座武士に、公生の想いは宮園かをりに伝わったことでしょう。「忘れられないやつを」また公生のファンが誕生演奏が終わった舞台裏でも、二人は拍手で迎...

コミック「四月は君の嘘」第37話「約束」

もう言葉もないです…宮園かをりは、生きる為に前向きに努力するようになりました。手術を受けることを決意して、リハビリも積極的に受けています。もう一度舞台で...それは、有馬公生と約束したからです。「また、一緒に弾こう」管理人は、かをりが医師の前で手術を...

コミック「四月は君の嘘」第38話「さよならヒーロー」

ヒーロー好きな兄妹相座武士の演奏が始まりました。ここのところ不調だった武士ですが、今回は素晴らしいショパンを演奏します。武士は、有馬公生を追いかけてピアノを弾いてきました。でも、今日の演奏は公生との決別の演奏なのです。公生と武士では、ピアノに求め...

コミック「四月は君の嘘」第39話「雨やどり」

公生は草食系の代表選手コンクールの予選は無事通過した有馬公生ですが、宮園かをりとの関係はあまり変わってないようです。お見舞いに行っても、渡亮太とかをりの楽しそうな姿を見て落ち込んでいるようですね。友達を好きな女の子本当に公生はピアノ以外はグズです...

コミック「四月は君の嘘」第40話「手と手」

もう勘弁してあげて…あれだけ澤部椿にハッキリとコクられたのに、有馬公生は良く分かっていません。バカなの?「女の子は謎だ‥」謎はお前だよ(笑)折角の椿の告白も、公生が瀬戸紘子に怒られる原因を作っただけでした。でも、こんな事がこれからの重過ぎる展開を少...

コミック「四月は君の嘘」第41話「雪」

さすがにキツイかな宮園かをりの病状の急変を目の当たりにした有馬公生のショックは相当なものでした。公生はまたピアノが弾けなくなり家に閉じこもっています。心配した澤部椿に頼まれた師匠の瀬戸紘子が言っても駄目でした。「もう、頑張れないよ」母親を病気で失...

コミック「四月は君の嘘」第42話「アゲイン」

もう具合悪くなってるコンクールが始まりました。宮園かをりの手術も始まっています。相座武士も井川絵見もキッチリ仕上げてきて素晴らしい演奏を見せました。甲乙つけ難い最高の演奏でした。どちらかが優勝間違いなし、と思われる中、有馬公生は舞台裏で最悪の状態...

コミック「四月は君の嘘」第43話「バラード」

初めてのまともな演奏有馬公生の演奏が続きます。ショパンのバラードです。「囁くように」「甘えるように」「時に激しく」「優しく」「悲しげに」辛口の師匠たちも聞き惚れています。「なんと豊かな音だ」公生は、ひとつひとつの音にみんなとの思い出を重ねて演奏し...

コミック「四月は君の嘘」第44話 最終話「春風」

かをりからの手紙有馬公生は、宮園かをりの両親から生前にかをりの書いた自分宛の手紙を渡されます。この手紙は、雪の降る病院の屋上で会ってからすぐに書かれたものでした。例のレターセットの手紙です。公生は読み始めます。幼き日のかをり「拝啓 有馬公生様」か...

<PR>

コミック

アニメ

実写映画