アニメ「四月は君の嘘」第18話「心重ねる」感想

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

アニメ第18話「心重ねる」~やっぱり公生のピアノはいいね

さあ、いよいよ演奏ですね。

連弾って難しそう

ピアノの前の椅子に座るのも大変だった有馬公生が、パートナーの相座凪をエスコートしてます。
なんか感慨深いです。

この演奏シーンは、コミックでも相当良かったんですけど、アニメだともっと良いですね。
手の動きの速さや、二人の手が重なって演奏するところなどが描かれていて迫力が違います。

連弾

公生のピアノが走り出した時に、

「下が出て来るな」

なんてのは、管理人は聴きわけることは出来ないんですけど、何となく伝わってくる気がします。

演奏中の公生のリードで凪が成長して覚醒していく様子は見応えがありました
そして、そんな事が出来るようになった公生の成長も嬉しくなりますね。

公生と凪の演奏

演奏が終わって大喝采。

凪の想いはお兄ちゃんの相座武士に届いたようです。
公生のかをりに対する想いも、携帯電話の中継を通して届いたようですね。

病室のかをりは、公生と凪の演奏に合わせてヴァイオリンを弾く格好をしてました。

エアヴァイオリン

このかをりのエアの演奏も迫力がありました。
本当は、一緒に弾きたいんだろうと思うと涙を誘いますね。

それから、演奏後の舞台裏に武士が怒鳴り込んで来たのは面白かったですね。
公生がまだ名前を覚えてなくて、

「相座ブシ…」

ブシって(笑)
そっちの方が読みにくいでしょ。
名前なんだから。

たけしだよ
「たけしだよ、たけし」

この「ブシ」っていうのはコミックには無かったですね。


二人の演奏見たいね

その後、病院のかをりの元を訪れた公生は、かをりとまた共演するお願いをします。
この願いは叶うのでしょうか。

というところでおしまいです。

かをりはどんどん白くなってますね。
可哀想で観てられないです…


あらすじとコミックの感想はこちらで書いてます。


<PR>

コミック

アニメ

実写映画