アニメ「四月は君の嘘」第15話「うそつき」感想

ネタバレ御免「四月は君の嘘」に感動!感想とか評価とか

<PR>

アニメ第15話「うそつき」~

斉藤先輩は可哀相

澤部椿は、自分が有馬公生のことを好きなことに気が付いたものの、気持ちを持て余しています。

斉藤先輩にもふられてしまいます。
この先輩は、椿の気持ちを察して身を引いてくれたんですね。

ふられる椿

そりゃダメですよ。
デートのときに公生の話ばかりしてたら。
分かり安過ぎです。


ピアノで慰めてる

そんな椿を公生はピアノで慰めます。
コミックでも素敵な場面でしたが、アニメでピアノの音が入ると更に良いですね。

ピアノで

「側にいるよ」

公生君格好良すぎですね。
鈍感でグズですけどね。


新キャラ凪ちゃん登場

ところで、新キャラの藍里凪ちゃん登場です。

ピアノはかなり上手な中学1年生。

凪のピアノ

瀬戸紘子のもとで、公生がピアノを教えることになりました。
でも相当裏がありそうなキャラです。
公生の新たな敵が登場ですね。


グズ公生にイライラ

さて、公生は、宮園かをりに会いたいくせにグズグズしてます。
自分に言い訳しながら引き返したりして、ホントどうしょも無いですね。

躊躇する公生

心の声の内容は大人っぽいだけに行動が残念です。
さっき、椿に見せた大人っぽさはなんだったんでしょうね。


かをりの病状が...

ラストシーンはかをりの叫び声で終わります。

突然、脚が動かなくなったのですね。
深刻さは増すばかりです。

コミックでは、
「あ”あ”あ」
って書いてありましたが、アニメでは声優さんが凄かったです。

ちょっと怖かったです。

そしてエンディングへ。
不安が募りますね。


コミックの感想、あらすじはこちらで書いてます。


<PR>

コミック

アニメ

実写映画